眠っているときに見る夢の中で自由に行動できる方法がある?

夢の中で自由に動く「明晰夢」という方法がある!

夢の中で自由に動く「明晰夢」という方法がある!

明晰夢は、睡眠時に見る夢の中で、今体験しているのは「自分が見ている夢」と意識できる状態を指します。

そういった夢は、見えている風景や人物、音声などがリアルに感じられることが多く、人によっては、明晰夢の中で自分の意志によって自由に動くことができます。

その為、夢の内容をある程度コントロールすることが可能になると言われています。この明晰夢に関しては海外でも関心が高く、メンタルヘルスに役立てる目的などで研究が進められています。

明晰夢を見るための方法もさまざまに取り沙汰されていますが、昼間の活動時に、日常動作を漫然と行うのではなく「自分は今ドアを開けて自室に入ろうとしている」など、動作の一つ一つを意識して行うといったものがあります。

覚醒時の動作をしっかり意識することで、夢の中での自分の動きも自覚しやすくなると言われています。

夢の中で自由に動く「明晰夢」の注意点

夢の中で自由に動く「明晰夢」の注意点

明晰夢を行う場合、いくつかの注意点があります。まず寝不足になることです。明晰夢の時はレム睡眠といって深い眠りに就いていない時です。

それを意識して見ているのでさらに熟睡できなくなります。明晰夢のほとんどはネガティブな夢の中で勇気のある行動をするというもので、見ている本人はとても楽しい気持ちになります。

クセになって毎日のように繰り返していると、寝不足が続いて仕事や学校に集中できなくなるのでほどほどにします。次に悪夢のまま終わっても引きずらないことです。

その日のコンディションによっては最悪な結末で終わってしまう夢もありますが、夢の世界と現実世界は全く別なのでショックを引きずらず、前向きに現実世界を生きます。

夢の中で自由に動いたことがある人の体験談

夢の中で自由に動いたことがある人の体験談

夢を見たことがある経験を持っている人が少なくありませんが、その中で自由に動くことができたと言う体験談を持っている人はそれほど多くありません。

実際に自由に動くことができたのかどうかは本人にしかわからないことではありますが、そのような経験をしたと言う記憶を持っている人もいるのです。

このような経験を持っている人ばかりではありませんが、中にはこのような体験談を持っている人もいます。

実際に夢の中で自由に動けたのかどうかは確認のしようがありませんが、そのような経験を持つ人の中には楽しい思いをした人も少なくありません。

自分の見たい夢を見ることができたという記憶を持っている人が少なからず存在しています。その一方で怖い夢を見たと言う人も少なからずいます。

しかし怖い夢は自分の思い通りにはならないという経験につながるケースが多く、自由に動けたと言う記憶が残っているケースはそれほど多くは無いと言われています。